新規会員登録1000ポイント+メルマガ登録でお得なクーポン

電子タバコやリキッドを検索

メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

コラム

フレーバータイプ別一覧

初めての方におすすめ

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

取り扱いメーカー一覧

Apolloニコチン入りリキッド

BLVKニコチン入りリキッド

Ripe Vapesニコチン入りリキッド

Black Noteニコチン入りリキッド

Glas Vaporニコチン入りリキッド

Ruthlessニコチン入りリキッド

Virgin Vaporニコチン入りリキッド

NicQuidニコチン入りリキッド

LIQUAニコチン入りリキッド

Ploom(プルーム)本体の種類とそれぞれの特徴について

電子タバコ関連について

Ploomは、2013年に登場したJTの加熱式タバコです。現在、販売されているPloomのデバイスは4種類で、最新モデルの「Ploom X(プルームエックス)」のみ、これまでのデバイスとは加熱タイプが異なります。この記事では、JTのPloomについて、そのデバイスの種類や喫煙可能なタバコ製品(フレーバー)を含めて解説しています。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

JTの加熱式タバコ「Ploom」

Ploom(プルーム)について

Ploomは、冒頭でご紹介したとおり、JTが2013年から販売している加熱式タバコのブランドです。現在、加熱式タバコというと「アイコス」が人気ですが、実はPloomのほうが先に発売されています。

Ploomデバイスは加熱式タバコであり、タバコの葉や香料を加熱することにより蒸気を発生させます。喫煙者はこの蒸気を吸引するため、Ploomは「たばこ税」の対象製品です。

元々は通信販売のみで販売されていたPloomですが、現在はコンビニやタバコの販売店、「Ploom Shop」などで幅広く販売されています。

Ploom Shopにはスタッフが常駐しており、デバイスの使い方を教わったり、試し吸いをしたりすることが可能です。紙巻きタバコからの乗り換えを考えている人には、とても利用価値があるでしょう。

Ploomデバイスには「低温加熱タイプ」と「高温加熱タイプ」がある

最新のPloomデバイス「Ploom X」のみ、先ほども触れたとおり加熱タイプが異なります。従来のデバイスは「低温加熱タイプ」でしたが、このPloom Xのみ高温加熱タイプです。従来のデバイスは、ニコチンやフレーバーの含まれたリキッドを熱して、その蒸気を喫煙するものでしたが、Ploom Xでは「たばこスティック」を熱して、その蒸気を喫煙します。加熱タイプが異なると吸い味も大きく異なるので、その特徴をご紹介しておきましょう。

低温加熱タイプはよい意味でタバコっぽさがない

低温加熱タイプは、よい意味でタバコっぽさがありません。吸い味にフレッシュ感があり、特にフルーティーなフレーバーのリキッドに合っています。ただし、この特徴がパンチのあるタバコを求めている人にとって、物足りないこともたしかです。

高温加熱タイプはタバコっぽさが魅力

高温加熱タイプは、タバコの葉がそのまま使われているたばこスティックを熱して発生させた蒸気を喫煙する加熱式タバコです。炎で着火しなくても、タバコの葉を高温に加熱すると蒸気を発生させられます。紙巻きタバコほどのパンチはありませんが、やはりタバコの葉をダイレクトに加熱しますから、タバコらしさがあります。

以前は「Ploom S(プルームエス)」という高温加熱タイプのデバイスも販売されていたのですが、現在ではPloom Xに統一されています。

Ploomデバイスについて

ここからは、現在、販売されているPloomのデバイスについて詳しくご紹介します。現在、販売されているのは「Ploom TECH(プルームテック)」「Ploom TECH+1.5(プルームテックプラス1.5)」「Ploom TECH+ with(プルームテックプラスウィズ)」、そして「Ploom X」の4デバイスです。

Ploom TECH

Ploom TECH(プルーム・テック)

Ploom TECHは、初めて日本国内で販売された加熱式タバコデバイス「Ploom」に代わり2016年に登場しました。このPloom TECHでは、リキッドを熱して蒸気を発生させ、その蒸気をタバコの葉に通す方式を採用しています。現在のPloom TECHシリーズにおける最初の製品であり、ペンのようにスリムで携帯しやすく、操作もかんたんです。発生する水蒸気も少ないので、ヤニで部屋を汚すようなこともほとんどありませんし、タバコ独特のニオイもありません。ただ、この特徴がこれまで紙巻きタバコを吸ってきた人にとってネックになることもあります。加熱式タバコは軽めのもので十分という人なら、このPloom TECHが選択肢になるでしょう。

Ploom TECH+1.5

Ploom TECH(プルーム・テック)

Ploom TECH+1.5は、Ploom TECHのスムーズさにタバコらしさをプラスしたデバイスです。発売当初はPloom TECH+という名称で販売されていましたが、現在、「1.5」にバージョンアップされています。Ploom TECHはPloom TECHでよさがあるのですが、やはり吸いごたえが課題でした。この吸いごたえを中心に改良が加えられたのが、このPloom TECH+1.5だというわけです。

Ploom TECH+1.5では、以下のような改良が加えられています。

・加熱温度を上げることによる吸いごたえの改善
・リキッドタンクに変更することによる水蒸気の増量
・タバコの葉の増量

これらの改良により、本体は大きくなり、重さも増しましたが、吸いごたえが大きく改善されたことで選択肢が増えたことは、喫煙者にとってもJTにとってもよい変化だったのではないでしょうか。ただし、Ploom TECHとPloom TECH+1.5の間には互換性がないので、カプセルはそれぞれ専用のものを選ばなければならないことには注意が必要です。

こちらのPloom TECH+1.5、実はシリーズ中でもかなり人気で、やはりPloom TECHからの大幅な改良が功を奏したといえるかもしれません。

Ploom TECH+ with

Ploom TECH+ with(プルーム・テック・ウィズ)

Ploom TECH+ withは、Ploom TECH+1.5とスペックは変わらず、形状が変わったデバイスです。これまでのペンタイプではなく、ボックスタイプになっています。Ploom TECHのシリーズとしては初めて液晶ディスプレイを備えており、たばこカプセルやバッテリーの残量が一目でわかるようになっています。たばこカプセルもPloom TECH+1.5と同様で、吸いごたえも変わりません。

Ploom X

Ploom X(プルーム・エックス)

最新のPloom Xは、すでにご紹介したとおり、高温加熱式のデバイスです。紙巻きタバコのような味わいと吸いごたえが、このPloom Xの魅力です。この味わいと吸いごたえを実現させているのは、HEATFLOWというこれまでにはなかった加熱方式です。デザインもモダンで、フロントパネルは着せかえられるなど、遊び心があるところもPloom Xの魅力です。

パンチの効いた紙巻きタバコに近い吸いごたえが好みなら、このPloom X一択です。

デビューセット

Ploom TECHのタバコ製品(フレーバー)について

ここからは、各Ploom TECH製品に対応するフレーバーをご紹介します。

Ploom TECH用のフレーバー

Ploom TECH(プルーム・テック)用のフレーバー

Ploom TECH用のフレーバーには、「MEVIUS(メビウス)」と「PIANISSIMO(ピアニッシモ)」があります。

《MEVIUS(メビウス)》
MEVIUSは、リキッドの入ったカートリッジが1つと、たばこカプセル5つで構成されています。タバコカプセル1個で約50回喫煙可能です。もちろん、たばこカプセルを入れ替えれば、異なるフレーバーも楽しめますが、Ploom TECH専用のフレーバーしか使えないのでご注意を。

レギュラー
レギュラーは、スムーズなPloom TECH用のフレーバーとしては、もっともタバコに近い味わいや吸いごたえを感じられる製品です。同時に吸いやすさもあります。

メンソール
とてもすっきりとした人気のフレーバーです。100%天然メンソールの香料がカートリッジに入っているので、メンソールのさわやかさが長持ちします。

レッドクーラー
レッドクーラーは、アップルとミントがミックスされたフルーティーなメンソールが香るフレーバーです。スイートな味わいの中に感じられる、きれのあるメンソールがアクセントになっています。

パープルクーラー
パープルクーラーは、ベリーとミントがミックスされたフルーティーなメンソールが魅力のフレーバーです。スイートでやや酸味のある味わいの中に感じられる、きれのあるメンソールがアクセントになっています。

ブラウン
ブラウンは、コーヒーのように香ばしい香りと味わいが魅力のフレーバーです。休憩の一服に最適な、なんともリッチな味わいを持つフレーバーです。

ゴールドレギュラー
日本国内産のタバコの葉(ゴールドリーフ)を使った贅沢な「ゴールド」。そのレギュラーフレーバーが、このゴールドレギュラーです。タバコが持つオリジナルの香りや味わいを感じやすいので、紙巻きタバコ派の人にも合っています。

ゴールドメンソール
ゴールドメンソールも、やはりゴールドリーフを使った贅沢なカプセルです。さらに天然メンソールを100%使用し、甘さの中にすっきりとした雰囲気を演出しています。

《PIANISSIMO(ピアニッシモ)》
PIANISSIMOは、女性をターゲットにしたデザインのパッケージ、そして吸い味が魅力のシリーズです。

アリアメンソール
アリアメンソールは、やはり天然成分100%のメンソールを使用して作られている、さわやかさと穏やかさが同居したフレーバーです。気分を変えたいときにぴったりのパートナーになるでしょう。

ピンククーラー
ストロベリーとマンゴーがミックスされたフルーティーなフレーバーです。100%天然成分のメンソールが、甘さの中にすっきりとしたアクセントを提供しています。

Ploom TECH+1.5とPloom TECH+ with向けのフレーバー

Ploom TECH+1.5(プルーム・テック・プラス)とPloom TECH+ with(プルーム・テック・ウィズ)向けのフレーバー

Ploom TECH+1.5とPloom TECH+ with向けのフレーバーをご紹介します。やはりMEVIUSとPIANISSIMOがあります。Ploom TECH+シリーズ専用なので、ほかのシリーズとは互換性がありません。

《MEVIUS(メビウス)》
Ploom TECH+向けのフレーバーは、リキッドが入ったカートリッジが1つ、そしてたばこカプセルが5つで構成されています。やはりカプセル1つで約50回喫煙できます。

プレミアムゴールドレギュラー
プレミアムゴールドは、日本国内産のプレミアムなタバコの葉をふんだんに使用した、タバコ好きのためのフレーバーです。ストロングなタバコの味わい、おいしさを堪能できます。

ゴールドクリアミント
ゴールドクリアミントは、ゴールドリーフを使ったメンソールのフレーバーです。パンチの効いたタバコ感と、ペパーミントが演出するさわやかさが魅力です。

ゴールドロースト
パンチの効いたゴールドリーフの味わいをフルに楽しめるのが、こちらのゴールドローストです。紙巻きタバコ派の喫煙者もうなる吸いごたえが魅力です。

ゴールドマスカットグリーンミント
何やら長い名前ですが、こちらもゴールドリーフが使われている、フルーティーだけれども豊かなタバコ感が味わえるフレーバーです。マスカットとメンソールのハーモニーが楽しめます。

ゴールドレッドミント
パンチの効いたゴールドリーフにアップルの風味が漂う、とても特徴的なフレーバー。それがゴールドレッドミントです。ストロングに響くメンソールも、このフレーバーの魅力です。

ゴールドイエローミント
パンチの効いたゴールドリーフに、酸味豊かなレモンが加わるゴールドイエローミント。天然成分100%のメンソールが、本格的なタバコとレモンのハーモニーに、アクセントを加えています。

ゴールドオレンジミント
ゴールドオレンジミントは、タバコ感の強いゴールドリーフに、柑橘オレンジが違和感なく合体したフレーバーです。甘さの中にさわやかなメンソールが香るので、女性も楽しめます。

クリアミント
クリアミントは、ミントを包み込むようなスイートな味わいが魅力のフレーバーです。メンソールのさわやかさだけでは味気ないという方に向いています。

コールドミント
ジャパンミントを使用した「冷える」メンソール。それがコールドミントです。頭を冷やして落ち着きたいときは、このコールドミントがおすすめです。

パープルミント
スイートなベリーの味わいの中に冷たいメンソールが響いてくるフレーバー。それがパープルミントです。加熱式タバコ初心者向けの、とても吸いやすいフレーバーです。

レッドミント
アップルとミントの絶妙なハーモニーが魅力のフレーバー。それがレッドミントです。スイートなアップルの味わいの中にすっと入ってくるメンソールの香りが、このレッドミントの魅力です。

エナジーショットミント
エナジードリンクを意識して作られた、きれのあるおいしさと爽快感が魅力のフレーバー。それがエナジーショットです。エナジードリンクを飲みたくなったときが、このフレーバーの出番です。

エナジースパークミント
エナジースパークミントは、炭酸飲料を意識して作られたフレーバーです。炭酸がはじけるようなさわやかさは、喫煙者にエナジーを与えてくれます。

《PIANISSIMO(ピアニッシモ)》
PIANISSIMOは数量限定品です。やさしさが感じられる女性向けのシリーズです。

ベルガモットミント
ベルガモットのほっこりとした香りと味わいの中にメンソールが広がるフレーバーです。

キンモクセイミント
リラクゼーションできそうなキンモクセイの香りと味わいの中に、さわやかなメンソールが広がるフレーバーです。

Ploom X向けのフレーバー

Ploom X(プルームエックス)向けのフレーバー

高温加熱タイプのPloom X向けのフレーバーをご紹介します。Ploom X向けのフレーバーには、MEVIUSと「CAMEL(キャメル)」があります。なお、Ploom X向けのフレーバーは、すでに生産が中止されたPloom Sとの互換性はありますが、ほかのシリーズとの互換性はありません。

《MEVIUS(メビウス)》
Ploomといえば、やはりMEVIUSです。Ploom X向けのMEVIUSは6種類あります。

スムース
スムースは、「これぞタバコ」というタバコが持つ魅力が凝縮されながらも、スムースに吸えるフレーバーです。

リッチ
スムースよりもさらにタバコ感を強くしたレギュラータイプのフレーバー。それがリッチです。パンチの効いたタバコの葉の香りと味わいには、紙巻きタバコ派の人も満足させるポテンシャルがあります。

コールド
これまでにPloom X向けにあった「メンソール」と「クールエフェクト」がいっしょになり、この「コールド」が誕生しました。高温加熱タイプならではの吸いごたえに、少し丸みがありながらもクールに冷やしてくれるメンソールがとてもマッチしています。

メンソールフレッシュ
よくあるタイプのメンソールフレーバーです。ただ、決して魅力がないわけではありません。タバコ感とメンソール感のバランスがとてもよく、すべてのPloom X愛好家にすすめられるフレーバーです。

オプションイエロー
オプションイエローは、カプセル型のメンソールフレーバーです。清涼感の強い柑橘系の香りと味わいが、メンソールと絶妙なハーモニーを奏でます。レモンやシトラスなど、柑橘系のフレーバーが好きな方なら、このオプションイエローは間違いありません。

オプションパープル
こちらのオプションパープルも、カプセル型のメンソールフレーバーです。芳醇なベリーの香りと味わいが、メンソールと融合して口の中に広がります。Ploom Xの高温加熱によるタバコ感とのマッチングもなかなかです。

《CAMEL(キャメル)》
Ploom X向けのCAMELには、8種類のフレーバーがあります。

スムース
スムースは、タバコの葉が持つ豊かな香りを楽しめるレギュラーフレーバーです。このあとご紹介する「リッチ」よりも、やはり全体的にライトな感じがします。

リッチ
パンチの効いたレギュラーフレーバーが好みの方には、このリッチがおすすめです。タバコの葉が持つ本来の香りやうま味をCAMELで楽しむなら、このリッチがいいでしょう。

メンソールコールド
メンソールコールドは、定番タイプのメンソールフレーバーです。ガツンとくるタバコ感と、強いメンソールは紙巻きタバコ的なパワフルさを感じさせます。メビウスのメンソールよりも強めのメンソールです。

メンソールブラックミント
通常のメンソールだけではなく、ハーブの風味がプラスされたフレーバー。それがメンソールブラックミントです。定番タイプのメンソールとはひと味違う香りは、人によってははまってしまうほどに魅力的です。

メンソールマスカットグリーン
マスカットの豊かな味わいと香りの中にさわやかなメンソールが漂うフレーバー。それがメンソールマスカットグリーンです。タバコ感という点では物足りないかもしれませんが、一本筋の通った味わいはとても魅力的です。

メンソールパープル
メンソールパープルは、ベリーの味わいと香りにメンソールがマッチしているフレーバーです。ベリー系のメンソールが好きな人なら、きっと気に入るフレーバーです。

メンソールイエロー
メンソールイエローは、柑橘系の香りが口の中にいっぱいに広がるフレーバーです。やや強めのメンソールとの相性も抜群です。レモンやシトラスなどの柑橘系のフレーバーが好きな人なら、間違いないフレーバーです。

メンソールレッド
酸味を含んだアップルの味わいと香りの中にパンチのあるメンソールが広がるフレーバー。それがメンソールレッドです。フルーティーな味わいのメンソールが好きな人には、ぴったりくるフレーバーです。

Ploomを考えているなら電子タバコ(VAPE)も選択肢

電子タバコ(VAPE)も選択肢

加熱式タバコを吸っている人なら、電子タバコ(VAPE)のことはすでにご存じかと思いますが意外とまだまだ知られていません。

当サイトに来られたお客様からは友人に勧められて変更しましたなど、加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)の違いは知られておりません。

愛煙家の皆様は、度重なる値上げに耐えながらタバコを吸ってきたと思いますが、本当に愛煙家にとっては厳しい世の中となり、禁煙を考えている人も増えているようです。

加熱式タバコもタバコですから、税金や健康被害とは切っても切り離せません。

そこで、選択肢として考えて欲しいのが電子タバコです。

電子タバコの初期費用は、
・スターターキット:1000円台~(高くても1万円程度)
・リキッド:15mlで約1000円
※通常1週間で15mlが目安なので、1ヶ月約4200円、年間約5万円が目安です。
また、電子タバコは1ヶ月に約1~2回はコイル交換が必要で、1個当たり約200円~700円です。たとえば、1個500円のコイルを月2回交換する場合、1ヶ月1000円、年間1万2千円です。 リキッド式電子タバコは、「リキッド」と「コイル交換」を総合した年間金額をみると、ランニングコストは約6万2000円となります。

加熱式タバコの初期費用は、
・スターターキット:3000円台~(高くても1万円程度)
・タバコ葉スティック(20本入り):約500円
たとえば、一日1箱タバコを吸う場合、月に「1箱500円(1日)×30日(1ヶ月)=1万5千円」になります。また、年間にすると「1万5千円×12ヶ月(1年)日=18万円」です。加熱式タバコの年間金額をみると、ランニングコストは約18万円で、電子タバコの約3倍のコストになることが分かります。

紙タバコの月・年間費用は、タバコ1箱を約550円として一日1箱吸う場合、「550円(1日)×12ヶ月(1年)=20万750円」となります。紙タバコも電子タバコの約3倍のコストになり、いかに電子タバコのランニングコストがよいかが分かります。

このように、電子タバコと加熱式タバコ・紙タバコでランニングコストを比べてみると、電子タバコのほうが年間で約14万円も経済的であることが分かります。初期費用としてかかる費用は紙タバコに比べれば高いですが、長い目でみるとリキッド式電子タバコはランニングコストに優れており、結果、コストを抑えることができます。

電子タバコは、リキッドを加熱して水蒸気を発生させ、その水蒸気を吸って楽しむデバイスです。このリキッドは、食品としても使える香料や添加物で作られており、タバコのようなリスクはありません。パワフルな煙も電子タバコの大きな魅力です。その吸い心地と満足感は、加熱式タバコでは味わえないものです。

当サイトのような個人輸入によりニコチン入りのリキッドを手に入れることが可能です。もしも禁煙や加熱式タバコへの乗り換えを考えているなら、体にもお財布にもやさしいVAPEも考えてみてください。

まとめ

Ploomについて詳しく解説しました。Ploomやアイコスのシリーズの中には、紙巻きタバコを吸ってきた人でも満足できる製品もあります。

しかし、禁煙や加熱式タバコへの移行を考えているなら、電子タバコ(VAPE)という選択肢があることも忘れないでください。電子タバコには、タバコを吸ってきた人たちも満足させる魅力があります。

当サイトしてはやはり電子タバコ(VAPE)の方が加熱式タバコと比べ1/3のコストとタバコ葉を使用していないアドバンテージがあると思います。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

 

 

この記事を書いた人
icon
Healthy Support USA

電子タバコ(VAPE)・ニコチン入りリキッド専門の個人輸入代行サイトです。私たちが直接訪問したMade in USAの信頼できるメーカーのみを扱っています。これからも安全・安心なリキッドをご紹介していきます。

電子タバコデビューセット