新規会員登録1000ポイント+メルマガ登録でお得なクーポン

電子タバコやリキッドを検索

メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

コラム

フレーバータイプ別一覧

初めての方におすすめ

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

取り扱いメーカー一覧

Apollo

NicQuid

Vaporfi

Ruthless

Wisconsin Dairy

Virgin Vapor

Black Note

BLVK

LIQUA

電子タバコはどれを選ぶべき?種類別に徹底比較!

電子タバコ関連について

電子タバコは、タールなどの有害物質を含まないので、禁煙グッズにも注目されているアイテムです。しかし、電子タバコといっても、種類が多いので迷ってしまいませんか? ここでは、電子タバコのそれぞれの特徴を紹介すると共に、基礎知識をお届けします。是非、電子タバコ選びの参考に役立てて下さい。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

電子タバコの種類について

リキッド式電子タバコ

リキッド式電子タバコ

リキッド式電子タバコというのは、アトマイザーのタンクにリキッドを補充して利用するタイプになります。形状は、ボックス型とペン型のものが多く流通しており、ボックス型は本体サイズが大きめになりますが高機能性を持っています。

一方、ペン型は本体がコンパクトになりますがバッテリー容量は多少劣ります。なお、リキッド式電子タバコは、アトマイザーの上からリキッド注入か下から注入かで、トップフィルとボトムフィルの2タイプに分類されます。ボトムフィルでは、補充する際には毎度アトマイザーの取り外しが必要なので、トップフィルに比べると手間を要します。

なので、電子タバコ初心者の方や手間をなるべくかけたくない方は、簡単作業で使用できるトップフィル製品がおすすめです。

POD式電子タバコ

Apollo Brezの特徴

POD式電子タバコというのは、2種類あり交あらかじめリキッドが補充されているタイプと換式タンクのPODにリキッドを注入して使用するタイプになります。

あらかじめリキッドが補充されているPOD式は取り付けて使用するタイプになります。当サイトではBREZがそのタイプです。

カートリッジリキッドが切れた際には、新しいカートリッジに交換して使用します。高操作性、携帯に便利な小型サイズなど、使い勝手はとても優れています。カートリッジ式には、口を付ける部分を交換しながら使用するタイプなので清潔感を保つことができ、繰り返してバッテリーも使えるので経済的です。

リキッドの種類が少ないデメリットもありましたが、最近は、互換性を持つカートリッジも多く、色々楽しむことができるフレーバーが増えています。カートリッジ式電子タバコは、操作やメンテナンスを削減したい方、携帯のしやすさを重視したい方におすすめです。

換式タンクのPODタイプは自分でリキッドを注入することができるので、味や吸い応えなども良く、リキッド補充とPODの交換のみでお手軽使用が特徴です。

また、シンプルな操作性や優れた携帯性もあり、使い勝手に関してはメリットも多いです。電子タバコで、味、吸い応え、お手軽さを両立したい方、色々とリキッドを試したい方にはおすすめです。

使い捨て式電子タバコ

使い捨て式電子タバコ

使い捨て電子タバコというのは、電子タバコを使い切ったら、本体ごと交換して使用するタイプになります。本体へリキッド補充はできませんが、操作が簡単なのでメンテナンスや充電は不要で、気軽に電子タバコを試すことができます。

長期的に使用する場合には、ランニングコストがかかりますが、どのモデルも低価格で購入することができるので、お試しに1本電子タバコを吸ってみたい方にはおすすめです。使い捨て式電子タバコは、メンテナンスや充電せずに楽しみたい方、初期費用のコストを抑えて試してみたい方に向いています。

電子タバコのランニングコストについて

電子タバコのランニングコストについて

これから電子タバコを本格的に始める場合、高機能モデルを購入するとなると、初期費用は約10,000円程度になります。この初期費用の内訳ですが、電子タバコ本体、アトマイザー、リキッドなどが含まれています。

電子タバコ初心者の方であれば、非常に使い勝手に優れており、本体とリキッドを合わせたスターターキットなどが約4000円程度であるので、こうしたセットを利用するもの一つです。スターターキットの中には、バッテリー内蔵式の電子タバコもあり、高性能な本体がセットに含まれているものもあります。

リキッド補充式であれば、コスパに優れてコンパクトなペン型は、5000円以下でも購入可能なモデルもあります。初期費用を抑えたい方は、最も節約できる使い捨て式で約1000円台からも購入可能な製品もあり、とりあえず一度、電子タバコを試してみたい方におすすめです。

電子タバコを利用するにあたり、消耗品であるリキッド、コイル、バッテリーは、状況に応じて交換する必要があります。これらの交換に必要な費用が電子タバコのランニングコストになります。リキッドに関しては、1本15mlのボトルで約5日~一週間、コイルに関しては約1~2週間、バッテリーに関しては約1年半、これは各消費期間の目安です。

ただし、消費期間というのは、電子タバコ本体の種類、出力の大きさ、使用する頻度などによって変わるので、個人の差が大きいことも覚えておきましょう。

なお、一般的に電子タバコは、紙巻きタバコの約2分の1~3分の1程度のランニングコストで利用可能となっています。

電子タバコのバッテリーの持ちについて

電子タバコのバッテリーの持ちについて

電子タバコのバッテリー交換は、バッテリーの消耗具合によって変わってきますが、一般的には約300~500回位、充電をするとバッテリーの寿命がくると言われています。

1〜2日に1回充電する方の場合であれば、約2年が寿命目安になります。電子タバコの1日の使用回数が多く、1日に2回充電する方の場合であれば、約半年や1年など短期間でバッテリー交換の必要性が出てきます。

また、充電しすぎ、改造している、高温に晒されているなどの場合にも、電子タバコの寿命を短くします。このように、バッテリー寿命というのは、基本的に充電頻度が多いほど短くなるので、使い方や充電方法を工夫することでバッテリーを長持ちさせることが可能です。

たとえば、電子タバコの使用回数を減らせば、充電の減りが遅くなり充電回数も減るので、バッテリーは長持ちします。特に、電子タバコのチェーンスモークをやめた場合、バッテリーはもちろん消耗品の交換頻度も減少し、色々なコストを抑えることができます。

また、使用する度にこまめに充電するより、ある程度残量が減ってから充電する方が、電子タバコのバッテリーは長持ちします。他にも、電子タバコの残量が気になる方は、常用中の電子タバコの充電が切れても良いように、予備の電子タバコをストックしておくのも1つの方法です。

電子タバコのバッテリーの寿命具合は、電子タバコの調子で判断できます。使用している際に、「いつもと違う」そう感じたらバッテリー寿命の可能性を疑いましょう。

たとえば、「味が薄い」「煙が出づらい」「充電がすぐなくなる」などの現象が頻発する状態は、バッテリー寿命である可能性が高いです。しかし、味が薄くなったり煙が出づらかったりする症状は、電子タバコのコイル劣化でも起こることなので、判断しにくいこともあります。最終的には、電子タバコを普段使いでする中で、充電間隔の状態で判断しましょう。

電子タバコの煙の量について

電子タバコの煙の量について

電子タバコの蒸気量というのは、電子タバコを使用する際の条件によっても変わります。基本的に、電子タバコから出る蒸気量は、バッテリー能力で決まるもので、バッテリーボルトとコイル抵抗値で蒸気量が変化します。

コイル抵抗値は、高くなる程電力が流れにくく、低くなる程流れやすい特徴があるので、蒸気量を増やしたい場合には、コイル抵抗値を低くして沢山の蒸気を発生させることができあます。

また、電子タバコは、蒸気が多い程味は薄く、少ない程濃くなる仕組みです。なので、電子タバコを吸う方の好みによりますが、蒸気量に物足りなさを感じたり、逆に、少し減らしたい方もいたりします。

こうした場合、自分好みの蒸気量が出る電子タバコを購入するか、自分が満足する蒸気量に電圧とコイル抵抗値を調整する方法があります。他にも、外気を吸い込むパーツであるエアホールのサイズを変えることで、蒸気量を調整できるアトマイザーも販売しています。

ただし、製品で想定外の電力量やその他条件での使用は、電子タバコの事故や故障リスクを伴いますので、バッテリーやアトマイザーの相性であったり、アレンジには注意しましょう。

電子タバコの味の種類について

電子タバコの味の種類について

フルーツ系

フルーツ系フレーバーは、電子タバコ利用者でも女性人気の高いリキッドです。フレーバーとしての再現度が高いので、フルーツジュースやガムなどに近い味わいを楽しむことができます。

なので、フレッシュな果物の味を感じられます。チェリー、ストロベリー、ブルーベリーなどのベリー系、グレープフルーツ、レモン、オレンジなどの柑橘系、その他にも、グリーンアップル、メロン、マスカットなど様々なフルーツ系リキッドがあります。

スイーツ系

スイーツ系フレーバーは、スイーツの濃厚な甘さや美味しさを楽しめます。女性人気はもちろんですが、男性からも人気があるデザート系フレーバーでもあります。

スイーツ系は他のリキッドとブレンドしやすいので、自分好みの味を作り出す際に通の方が使用することがあります。バニラ、チョコレート、キャラメルというように味がアイスのようなタイプから、アップルパイやチーズケーキなどケーキ系まで、ラインナップが豊富です。

ドリンク系

ドリンク系フレーバーは、ドリンクの味を再現したリキッドです。お気に入りを常備したり、変わり種として取り入れたりするのもおすすめです。ドリンク系で人気なのは、カフェラテやコーヒーなどです。他にも、エナジードリンク味、カクテルなどのリキッドもあります。

メンソール系

メンソール系フレーバーは、スーッとした爽やかさが好みの方にはおすすめです。また、爽やかさだけでは物足りない方には、フルーツ系やベリー系と組み合わせたりすることで、甘さと爽やかさを楽しむことができます。メンソール系で人気なのは、ミント、メンソールなどが定番人気です。

タバコ系

タバコ系フレーバーは、しっかりタバコの味を再現したリキッドです。なので、禁煙を目指している方、タバコを吸うことに抵抗はあるが風味を味わいたいという方、そんな方におすすめです。タバコの銘柄を再現したフレーバーなどもあります。

いろいろな味が楽しめる

電子タバコを存分に楽しむには、電子タバコ本体選びも重要ですが、自分好みのフレーバーを選ぶこともポイントです。フレーバーの種類には、国内外のメーカーが様々なフレーバーを発売しています。その中でも、代表的なフレーバーの種類について紹介してきましたが、電子タバコのメリットとして色々な味を楽しめる点が挙げられます。

電子タバコのリキッドには色々とラインナップが用意されているので、その中から自分好みの味を楽しめます。味に飽きたら新しいリキッドを購入して楽しめるので、電子タバコを飽きずに楽しんでいくことが可能なのです。

電子タバコデビューセット

電子タバコのメンテナンスについて

電子タバコのメンテナンスについて

水やぬるま湯を活用する場合

電子タバコの洗浄方法には、水やぬるま湯を使用する方法があります。まず、用意した容器に水かぬるま湯を入れ、分解した電子タバコのパーツをつけます。パーツをつけた状態で、柔らかいブラシで優しく汚れを落としていきます。

そのあと、容器から取り出して水分をしっかりタオルで拭き取り、乾かしましょう。完全に水分が乾いた状態になるまで、パーツを乾かすことが大事なので、約半日~1日程度乾かすのがポイントです。完全にパーツが乾いた状態を確認し、元の状態に戻して洗浄処理は終了です。

特に、電子タバコでは、ドリップチップが汚れやすいので、食器用洗剤で丁寧に洗うのもおすすめです。また、パーツが細かいので、容器を使用してパーツを紛失しないようにしましょう。しっかりパーツを殺菌したい場合には、ぬるま湯で洗浄した後に、別方法で再度洗浄すると衛生的です。

消毒用エタノールを活用する場合

電子タバコの洗浄方法には、消毒用エタノールを使用する方法があります。エタノールは殺菌効果が高いので、殺菌重視する際には効果的な洗浄方です。

まず、タッパーなどの容器にエタノールを注ぎ、その中に分解したパーツを入れましょう。

その後、容器にふたをしてパーツをやさしく転がしながら揺らし汚れを落としていきます。大体、1~2分程度揺らした後にパーツを取り出し、水分を軽く拭き取って乾燥させ、しっかり乾燥したらパーツを元に戻して終了です。

エタノールにパーツをつける前に、一度、パーツを水洗いしておくと汚れが落ちやすくなるのでおすすめです。接合部にゴムパッキンが使用されている場合、エタノールでゴムが劣化することがあるので、エタノール使用を避けましょう。エタノールを購入する場合、濃度70%程度の消毒用を選んで下さい。

超音波洗浄機を活用する場合

電子タバコの洗浄方法には、超音波洗浄機を使用する方法があります。超音波洗浄機というのは、超音波振動を利用してパーツの汚れを落とします。眼鏡やアクセサリーを洗浄する際にも使用されているもので、電子タバコのパーツ洗浄にも適しています。

まず、分解したパーツを軽く水洗いしてから超音波洗浄機へ入れ、スイッチを入れれば洗浄開始です。1度の洗浄では汚れが落ちないこともあるので、何度か洗浄を繰り返すことがポイントです。最後に、洗浄機からパーツを取り出して乾かします。超音波洗浄とエタノール洗浄を併用すると、より確実にパーツ汚れを落とすことができます。

危険なので、直接エタノールを洗浄機に入れず、エタノールを入れた瓶などにパーツをつけ、瓶ごと洗浄機にかけるのがおすすめです。

電子タバコのカスタマイズについて

電子タバコのカスタマイズについて

現在、多くの電子タバコは、リキッドパーツを変えながら、色々なフレーバーを楽しめるようになっています。なので、最近では電子たばこ利用者にも、元々たばこを吸っていなかった方の利用も増えています。今までは、喫煙すると健康被害が気になって、たばこに手が出せなかった方も、害が極めて少ない電子タバコに興味を持つ方は多いです。色々な香りと味に魅了され、電子タバコ愛好家は年々増えています。

リキッドを自分の好みや、その日の気分に応じて帰ることができます。なので、どんな方であっても気軽に楽しく電子タバコを吸うことができます。また、電子タバコに慣れたら、複数フレーバーをブレンドした、自分だけのオリジナルフレーバーを作って楽しむこともできます。これができれば、電子タバコの上級者です。

このように、自由にリキッドを換えてフレーバーを楽しめる、これは電子タバコの魅力と言えます。また、他にも、交換できるパーツが電子タバコには色々あります。なので「自分のお気に入りのデバイスで電子タバコを携帯したい」そう思っているこだわり志向がある方にも人気なので、色々とカスタムして自分だけの1本を作ることができます。

初心者におすすめの電子タバコについて

Aspire PockeXの特徴

Aspire PockeXの特徴

Aspire PockeX は、電子タバコ機器の老舗である、aspireが生み出したオールインワンタイプのスティック型スターターキットです。

Aspireの電子タバコは、シンプルであり簡単を追求した製品が特徴ですが、PockeXは本機とリキッドがあれば電子タバコ生活をすぐに始められます。リキッドを入れるアトマイザーとバッテリーが一体化したデザインになっており、容量の割にサイズがコンパクトなので携帯に便利です。

また、リキッドを上から入れるタイプで、たっぷりの煙もあり、液漏れの心配もいりません。使い方は非常に簡単で、且つ、コスパに優れていながらコンパクトで軽量になっています。細かな作りも良く、Aspireならではのハイクオリティな高級感も感じられます。オールインワンタイプなので初心者に優しい製品なのはもちろん、お手頃で簡単な電子タバコを探している方にもおすすめです。

Apollo Brezの特徴

Apollo Brezの特徴

Apollo Brezは、今、話題になっているニコチンソルトを使用したP O Dタイプの電子タバコです。ニコチンソルトというのは、アメリカで開発されたもので、タバコ葉に含まれる天然ニコチンに近い性質の成分になります。

従来のニコチンリキッドと比較すると、タバコ感を速くしっかり感じられるのが、ニコチンソルトリキッドの特徴です。 高濃度ニコチン、滑らかな喉ごし、この2つをApollo Brezで実現したことによって、高濃度のニコチンリキッドであっても負担が軽減できるようになっています。

また、体内吸収が早いので、従来のリキッドよりもタバコを吸った感を得られるようにもなっています。

なので「従来のニコチンリキッドで満足できない」「タバコの味を感じたい」そんな方におすすめです。そして、少ないリキッドであっても高濃度に作られているので、コスパが良いことが挙げられます。ユーザーにとって、満足感の高い喫煙感覚を得ることができる電子タバコです。

まとめ

ここでは、電子タバコのそれぞれの特徴を紹介すると共に、基礎知識をお届けしてきましたが、いかがでしたか?

電子タバコ選びの参考になったでしょうか?近年、タバコに代わって人気の出ている電子タバコですが、各メーカーから色々な種類のモデルが登場しており、数えきれない種類が存在していますよね。

電子タバコは、従来のタバコや加熱式タバコとは異なる新たな嗜好品です。味や香りの選択肢が広いこと、自由にカスタマイズができることが特徴であるので、選び方や使い方によって楽しみ方も広がります。是非、皆さんも自分に合った電子タバコで楽しく電子タバコ生活を送ってはいかがでしょうか。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

この記事を書いた人
icon
Healthy Support USA

電子タバコ(VAPE)・ニコチン入りリキッド専門の個人輸入代行サイトです。私たちが直接訪問したMade in USAの信頼できるメーカーのみを扱っています。これからも安全・安心なリキッドをご紹介していきます。

電子タバコデビューセット