新規会員登録1000ポイント+メルマガ登録でお得なクーポン

電子タバコやリキッドを検索

メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

コラム

フレーバータイプ別一覧

初めての方におすすめ

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

取り扱いメーカー一覧

Apollo

NicQuid

Vaporfi

Ruthless

Wisconsin Dairy

Virgin Vapor

Black Note

BLVK

LIQUA

電子タバコと通常のタバコの健康被害について知ろう!

安全性や受動喫煙や禁煙について

電子タバコは最近健康面でも注目を集めており、電子タバコへ切り替える方は多いです。ここでは、電子タバコに切り替えるメリットについて、通常のタバコとの健康被害の比較と共にお届けします。是非、これから電子タバコを始めようとしている方は、参考にしてみて下さい。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

 

通常のタバコと加熱式タバコと電子タバコの違いとは?

通常のタバコと加熱式タバコと電子タバコの違い

タバコの仕組みに違いがある

電子タバコは、「紙巻きタバコや加熱式タバコと何が違うの?」と言う疑問もあるかと思いますが、従来の紙巻きタバコと言うのは、紙で包まれたタバコ葉を燃焼させて発生した煙を吸うモノです。タバコ葉のブレンド方法で香りや味わいを色々楽しみます。

アイコスやグローは加熱式タバコの代表的なメーカーですが、タバコ葉を加熱させて水蒸気を発生させるモノになります。なので、水蒸気を吸って楽しむ分、紙巻きタバコと比較すると健康被害が少ないと言われています。

一方、電子タバコと言うのは、加熱式タバコに近いですが、また仕組みが違います。電子タバコは、タバコ葉では使用せずキッドを熱して出る水蒸気を吸って楽しむモノです。リキッドの種類は豊富で、日本で販売している電子タバコにはニコチンは含まれておらず、殆ど健康に悪影響を及ぼさないタバコとして販売されています。

通常のタバコが止められない理由

喫煙者の方で禁煙を決意する時、「今度こそは必ずタバコを止める」と決意しますよね。しかし、禁煙に耐えられずにまた吸ってしまう、禁煙することの難しさを痛感している方は多いのではないでしょうか?「自分の意志が弱いからだ」と思っている喫煙者の方は沢山います。

しかし、タバコに含まれるニコチン成分が、タバコが止められない依存性に繋がる原因になっています。このニコチンがどうして依存性に繋がるかと言うと、タバコを吸う際にニコチンは脳に存在するニコチン受容体と結合するのですが、その時に、快感を生じるドーパミンが大量放出される為、そこで喫煙者は快感を味わいます。

実は、この現象が「タバコを吸うことで落ち着く」と言うような効用を得ることになり、タバコ依存症になっていくのです。ですが、ニコチンは大体30分位すると体内で切れてしまう為、その影響で苛々したり落ち着かなかったりと禁断症状として現れます。
その禁断症状を解消する為に、喫煙者は再びタバコを吸うことになり、それが結果としてニコチン依存症になってしまうのです。体がそのような仕組みになってしまうと、「禁煙したい」と思っていても禁煙することが難しくなります。
なので、喫煙者がタバコのニコチン依存症を克服することは、ヘロインやコカインなど薬を止める方と同じ位難しいのです。従って、禁煙するのが難しいことはニコチン依存症の影響がある為、喫煙者の自身の意志だけでは簡単に乗り越えられないものでもあるのです。

軽いタバコであっても依存性は同じ

最近は、低タールや低ニコチンの軽いタバコに人気がありますよね。「軽いタバコであれば健康被害は少ない」そう思い込んでいる喫煙者の方は少なくありません。基本的にタバコのパッケージに表示されているニコチンやタールの数値と言うのは、タバコ1本あたりの含有量では無く、タールやニコチンのmg表記に関係無くタバコはタバコです。

タバコの数値は、一定量喫煙した際の煙分析の数値なので、フィルター部分に空気穴を多くしたり、空気を通す巻紙を使ったりすることで、体内に吸い込むニコチンやタールの量を薄めているだけなのです。実際にタバコを吸う際には、指で空気穴を塞いでいるので通常のタバコを吸っているのと何も変わりません。
また、自分では無意識に深く吸ったり、根元まで吸ったりしているので、通常のタバコを吸っている状況と結局同じなのです。自分の健康が気になるのであれば、軽いタバコでも体に害はあるので、きっぱりタバコと縁を切らない限り禁煙は難しいと言えます。

通常のタバコが人の体に与える影響とは?

通常のタバコが人の体に与える影響

タバコと肺の病気

タバコと言うのは、吸うという行為によって自分の肺にダメージを与えています。日本人が 死亡する第1位はがんであることを知っていますか?その中でも最も死因で多いのが、肺がんなのです。

肺がんに悪影響を与える要因にはタバコが挙げられ、実際に、喫煙習慣がある場合、肺がんリスクが男性で約4.5倍、女性で約3倍になると言われています。また夫婦で夫が喫煙者の場合、タバコを吸わない妻の肺がんリスクが約2倍と言う研究データも発表されています。これは、受動喫煙と言うのですが、家庭内や職場内で受動喫煙予防に対する基本計画を厚生労働省は策定しています。

タバコと口・喉の病気

頭頸部がんを聞いたことがありますか?鼻、口、のど、首に発症するがんで、耳鼻咽喉科で治療を行うものになりますが、国際がん研究機関の発表によると、発がん危険因子で最大の危険因子と言われているのが、実はタバコとアルコールなのです。

なので、タバコに対する対策と言うのが頭頸部がん予防では重要になります。喫煙と関与がある頭頸部がんには、喉頭がん、口腔がん、中・下咽頭がんが挙げられ喫煙との因果関係が強く、また、鼻・副鼻腔がんも因果関係が有ると言われています。
他にも、重複がんと言って、幾つものがんが認められる場合もあります。口のがんでは、口の中の痛みを歯や歯肉炎の痛みと勘違いして放置していたり、喉のがんでは、長引く喉風邪と放置していたりする場合があります。

タバコの影響で良性の口・喉の病気には、急性咽喉頭炎、頸部膿瘍、声帯ポリープ変性、白板症、副鼻腔炎などが挙げられます。
タバコの煙と言うのは、4800種類もの化学物質が含有されており、その内の200種類以上が人の体に悪影響を、さらにその中の69種類が発がん物質なのです。

喫煙者の体の危険はもちろんですが、タバコを吸わない受動喫煙へも健康被害の危険性があり、症状が長引く際は耳鼻咽喉科での診察を受けるようにしましょう。
また、タールの影響で有害物質が体内に滲み出すと、歯周組織へも悪影響を及ぼしていきます。タバコの一酸化炭素は、ニコチンと共に体の免疫細胞活動を低下させ、歯肉の局所免疫低下で歯周病を引き起こします。口腔内の健康維持の為にも禁煙はお勧めです。

電子タバコデビューセット

タバコと歯周病の関係

タバコと歯・歯周組織の疾患には、一体どんなものがあるか知っていますか?殆どの方は、歯に色素沈着するヤニを思い浮かべるのではないでしょうか。ヤニの元であるタバコの煙には、実は、数千に及ぶ化学物質が含まれており、その内の200~300は有害物質と言われています。

これの有害物質が歯や歯周組織に悪影響を及ぼしており、主な悪影響としてニコチンの強力な血管収縮作用で、歯肉炎症による出血抑制、歯周病の歯肉出血の隠蔽など、歯周病になっていることに気付かず、歯周病が重症化してしまうのです。また、タールは発がん物質の塊なので、歯の表面に沈着してザラ付くことで、歯に付着する細菌を貼り付きやすくしてしまいます。

タバコと血管の病気

皆さんが、直ぐに死を連想する病気には何が挙げられますか?大動脈瘤破裂、心筋梗塞、大動脈解離などこうした恐ろしい病気の数々は、動脈硬化で引き起こされています。動脈硬化の原因は様々ですが、その中でも、高血圧、糖尿病、コレステロール値が高い方は、動脈硬化を起こしやすいと言われています。

タバコと言うのは、実は、タバコを吸うとニコチンが血管詰まりの原因になるので、どの病気も簡単に引き起こしてしまいます。一酸化炭素で動脈の壁を壊して細くすることで、血圧が上がってホルモンが崩れて糖尿病を引き起こしたり、善玉を攻撃して悪玉コレステロールを増やして動脈硬化へ繋がったり、恐ろしい病気へと発展していく要因になります。

禁煙するメリットとは?

禁煙するメリット

タバコが原因となって死亡する方と言うのは、年間約13万人いると言われているのを知っていますか?タバコが関係している疾患には、がん、虚血性心疾患、脳梗塞、膜下出血、糖尿病、慢性閉塞性肺疾患、消化性潰瘍など、様々な病気が挙げられます。

また、喫煙で死に至る可能性に関して、交通事故、薬物乱用などで死亡する可能性よりも約8倍以上も高いと言われています。長い間喫煙してきた方は「今さら禁煙しても無駄だ」と言う声もありますが、禁煙に早い遅いは関係ありません。
禁煙によって24時間で心臓発作リスク低下が見られることをはじめ、比較的早期に現れる健康改善には、咳や痰などの呼吸器症状、インフルエンザ、新型コロナウイルスなどの呼吸器感染症など、これらの危険性の低下が挙げられます。

早ければ約1ヶ月程度で呼吸器症状の改善が見られるなど、体の免疫力も回復するので感染症にもかかりにくい体になります。他にも、禁煙することで顔色や胃の調子などが以前よりも良くなる、スッキリした起床になるなど、日常生活において体の違いを実感することが出来る経験が色々あります。それに、火の始末の心配が無い、臭いを気にしない、他人へ不快感を与えないなど、周りの人への健康改善にも禁煙は大きなメリットがあります。

健康被害の少ない電子タバコとは?

健康被害の少ない電子タバコ

電子タバコの仕組み

電子タバコの仕組みですが、簡単に言うとリキッドの液体を加熱し、水蒸気を発生させ、その水蒸気をタバコのように吸う・吐き出す、こうして香りや味を楽しむモノになります。電子タバコは、自分で好きにカスタム出来るので、ボルトやワット数などを変えることで、水蒸気量や香りも変化させて楽しむことが可能です。

電子タバコのリキッドは、種類も豊富で様々なラインナップがあり、自分が好きなフレーバーを色々気分で変えて楽しむことも出来ます。但し、法律で規定があり日本国内で入手可能なリキッドには、ニコチンは含まれていません。
なので、ニコチン入りのリキッドを楽しみたい場合、基本的に当サイトのような海外から個人個人輸入する必要があります。
海外で販売されているリキッドはニコチン入りのものが主流です。1ヶ月あたりの個人の使用目安量である120mlを超えない範囲内であれば、法律に抵触することなく個人輸入することができます。

電子タバコのリキッド

電子タバコリキッドのフレーバーには色々な種類があり、タバコ系、メンソール系、スイーツ系、果物系など、幅広くラインナップされています。「禁煙をしたい」と思っている方には、タバコ系などのタバコを再現したフレーバーでお勧めです。
また、スイーツ系には、バニラ、キャラメル、チョコレートなど、女性に人気のフレーバー色々と揃っています。

リキッドの選び方ですが、リキッドには色々とフレーバーの種類があるので、沢山の中から自分の好きなフレーバーを選べる楽しさがあります。リキッドの中には、メンソールにベリー系をブレンドしたミックス系リキッドもあるので、気分によって色々なフレーバーを楽しむことが出来るのも人気のポイントです。

電子タバコの使用感に関しては、禁煙目的で電子タバコに切り替えた方の場合だと、スロートキックが無いので、少しタバコとして物足りなさを感じる方もいるようです。
スロートキックと言うのは、煙を吸った際に自分の喉に感じる抵抗感なのですが、電子タバコでもキック感を求めることは出来ます。抵抗値の低いコイルユニットであれば、煙量を増やすことができ、キック感を感じることが可能です。

また、ヘビースモーカーの方でも強いスロートキックを得るには、ニコチンソルトを使用したリキッドがおすすめです。ニコチンソルトとはタバコ葉に存在するニコチン本来の形態に最も近い新タイプのニコチンで、滑らかな吸い心地と満足感の高い喫煙感覚を得られる点が特徴です。

電子タバコデビューセット

電子タバコが体に及ぼす影響

電子タバコのリキッドは大きく分けて2種類に分類されます。ニコチンが入っているものと入っていないものです。ニコチンには紙タバコに含まれるニコチン同様に中毒性があり、私達の健康へ悪影響を及ぼすため注意が必要です。
ニコチン以外の主成分であるプロピレングリコール、植物性グリセリン、香料、これらは人の体へ悪影響を及ぼすもではありません。
プロピレングリコールは食品添加物としてうどんや蕎麦などの麺類や餃子の皮に含まれていますし、植物性グリセリンは柔らかくしっとりとした食感を出すためにパンやお菓子に添加されています。

電子タバコが原因で肺疾患などの健康被害が出たと言う報道を目にすることがありますが、これはいわゆる闇市場で出回っているTHCオイルが違法品)が添加されたリキッドに含まれるビタミンEアセテートが原因であるという公式見解をアメリカ疾病予防センターが示しています。

このビタミンEアセテートとは、THCオイルを違法製造する過程で使用されるものであり、通常のリキッドには使用されていません。電子タバコは通常のタバコと比較すると、健康被害が極めて少なく、禁煙にも貢献しているアイテムであり、通常のタバコから電子タバコに切り替える喫煙者数は年々増えています。

当サイトでは、USP(米国薬局方)、FDA(アメリカ食品医薬品局)、USDA(アメリカ合衆国農務省)の認可や、GRAS(アメリカ食品医薬品局認可の安全基準合格証)を取得したアメリカ原産の安心・安全な原材料を使用して製造されたリキッドのみをご紹介させていただいております。

電子タバコのメリットとは?

電子タバコのメリット

先ず1つ目に挙げられるのは、タバコ特有の嫌なニオイがないことです。電子タバコと言うのは、タバコ葉を使用してないタバコです。なので、タバコ葉の成分であるタールが含まれておらず、タバコ特有の嫌なニオイがしません。

タールは、ヤニとも言われており、これがタバコ特有のニオイの元です。このニオイは、タバコを普段から吸わない非喫煙者からすると、部屋はもちろん喫煙者からも漂う苦手なニオイです。
しかし、電子タバコは、リキッドフレーバーの香りが少し香る程度なので、周囲への迷惑を大きく抑えられるメリットがあります。そして2つ目は、歯や部屋の壁が黄色くならないことです。

タールと言うのは、歯や部屋の壁が黄色くなる原因の元なので、喫煙者の歯は黄色く、部屋の壁も黄ばんでいます。ですが、電子タバコには黄ばみの元であるタールは含まれていないので、黄ばみの心配も不要です。

最後3つ目は、禁煙・減煙アイテムになることです。電子タバコは、禁煙したい方や喫煙量を減らしたい方に最適なアイテムです。日本で販売されている電子タバコは、基本的にニコチンやタールを一切含まないタバコなので、禁煙アイテムとして活用することが出来ます。徐々にニコチン量を減らして禁煙を始められるので、自分に無理をかけることなく禁煙を進めていくことが出来ます。

電子タバコのコスパ・充電・メンテナンスとは?

電子タバコのコスパや充電についてですが、電子タバコは経済的にもリーズナブルなので、コスパも良いと言えます。充電に関しては、それぞれの製品によってバッテリー容量や放電容量は変わります。ですが、基本的には1回の充電でタバコ1箱分が目安です。

また、メンテナンスに関しては、使い捨てタイプはメンテナンス不要ですが、それ以外はメンテナンスが必要です。リキッド成分に含有されているプロピレングリコールは単体購入が可能なので、水洗い不可なアトマイザーを洗浄することが出来ます。

禁煙を継続してく方法とは?

電子タバコのコスパ・充電・メンテナンス

禁煙は、強い気持ちで始めても途中で挫折することは決して少なくありません。むしろ、挫折した経験がある喫煙者の方は多いのではないでしょうか?
禁煙に失敗する最大の原因と言うのは、ニコチンの禁断症状が挙げられます。大体、禁断症状も一週間程度で楽になっていきますが、そこに至るまでに喫煙してしまう方は多いです。

これは、自分で乗り越えていく必要がありますが、「中々上手くいかない」「我慢出来る自信がない」方は、思い切って禁煙に対する考え方を変えることも大切です。いきなり禁煙するのでは無く、先ずは、タバコの本数を減らすことから始めてみましょう。その方法として効果的なのが、タバコを吸いたいと思った時の代替品です。よくガムを噛んだり、飴を舐めたりすると言いますが、その代替品の選択肢に電子タバコがあります。

電子タバコは、香り付きのリキッドを加熱し発生する蒸気を吸うモノで、それがタバコの代替品として、タバコの煙に見立てて楽しむモノになってくれます。電子タバコのリキッドには、タバコの味がするフレーバーから、爽やかな味わいのフルーツ系、コーヒーやカプチーノといったドリンク系など、豊富なフレーバーがラインナップされているので日々楽しめます。

電子タバコであれば、タバコの代替品として禁煙に大いに役に立ちます。禁煙することにはメリットがあることはもちろん、デメリットに関しては一切ありません。もちろん、完全に禁煙出来ることが体にとって一番良いことですが、禁煙に挫折してしまって喫煙してしまうのは意味がありませんよね。
電子タバコを上手く活用していくことで、手軽に始められる禁煙の入り口として、先ずは減煙から挑戦をしてみて、徐々に電子タバコに切り替えていきましょう。

まとめ

ここでは、電子タバコに切り替えるメリットについて、通常のタバコとの健康被害の比較と共にお届けしてきましたが、いかがでしたか?
電子タバコは、安心して利用できる禁煙ツールです。イギリスでは健康的な禁煙補助アイテムとして推奨されています。フレーバーの種類も豊富で、自分好みのフレーバーを見つける楽しさもあります。「禁煙したい」と思っている方は、この機会に電子タバコに切り替えてみてはいかがでしょうか。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

この記事を書いた人
icon
Healthy Support USA

電子タバコ(VAPE)・ニコチン入りリキッド専門の個人輸入代行サイトです。私たちが直接訪問したMade in USAの信頼できるメーカーのみを扱っています。これからも安全・安心なリキッドをご紹介していきます。

電子タバコデビューセット